【凡人が天才に勝つ思考法】エッセンシャル思考【グレッグ・マキューン】

Book

こんにちは、ダイスケです。

本日は、2014年11月に発刊された「エッセンシャル思考」を紹介していきます。

最小の時間で成果を最大にする。

僕のような凡人が超一流に勝つための唯一の思考法になります。

常に仕事に追われている人は、もしかしたらエッセンシャル思考ができていないのではないでしょうか?

それでは行ってみましょう!

本の概要

結論から言うと、この本は“エネルギーを集中して、最大の成果を出す”ための思考方法が書かれています。

エネルギーを集中するとは、分散するエネルギーを1つのものに注ぐことで、多くのビジネスパーソンはこれができないために、本来出せるパフォーマンスを出せずにいます。

エッセンシャル思考では、そんな雑多なエネルギーを集中させる方法を身につけ、少ない仕事で最大の成果を出すことができます。

エッセンシャル思考を身につけることで、僕のような平凡な人間でも超一流と肩を並べる事ができる成果を生み出すことでできます。

また、僕が読んで感じたのが、エッセンシャル思考は“選択の思考”だというところです。

「自分の選択を自分の手に取り戻すことで、”成功”と”充実感”を与えてくれます。」

自分の選択を失うことは、他人の言いなりになり、本当に大切なモノを犠牲にしてしまいます。

それを守り、自らの人生を歩むための思考法とも言えます。

先程も言いましたが”選択”をするには、様々な”ノイズ”や”トレードオフ”といったものも必要になってきます。

それについては、このあと詳しく説明していきますが、選択することが人生の質を向上させてくれます。

エッセンシャル思考の本質

そもそもエッセンシャルとは、「本質」という意味で「エッセンシャル思考」とは”本質的な考え”という意味になります。

本質は状況によって様々生まれてきます。

ですが、多くの人は本質を見失い、「何から手をかければ良いのか」がわからなくなり、成果につながらない行動をしてしまいます。

エッセンシャル思考では、「本当に重要なことを見極め、それにエネルギーを集中する」ということに着目しています。

その中で重要になってくる事が、

・重要なことを見極める技術

・重要ではないことを捨てる技術

この2つを意識するだけで、みなさんが本来やらなくてはいけないこと(=成果につながること)にエネルギーを注力していく事ができます。

以前、紹介した「Think clearly」でも似たようなことが書かれていました。

Think clearlyでは、“能力の輪”“尊厳の輪”という2つの基準が紹介されています。

自身の能力を超えることに挑戦すると失敗する可能性がある。(能力の輪)

そして、自分のポリシーを踏みにじることをすると不幸になる。(尊厳の輪)

という2つの関係を表した基準です。

エッセンシャル思考を持たない人は、”能力の輪”を超えた仕事や、”尊厳の輪”を曲げる仕事を簡単に引き受けてしまいます。

結果として、成果も出せない、相手からは失望されることになります。

エッセンシャル思考を持った方は受ける前に仕事を選びます。

今の抱えている仕事を新たな仕事を天秤にかけ、1番成果を出せる方法を考え出します。

決して全ての仕事を受ける事が重要ではなく、成果を出せる事が重要になっていきます。

そのための”見極める技術”と”捨てる技術”を紹介していきたいと思います。

見極める技術

皆さんは「パレートの法則」はご存でしょうか?

「パレートの法則」とは、80:20の法則とも言われており、世の中の多くの本質は20%しかなく、80%は無駄であるという法則です。

この法則は多くの分野に当てはめる事ができます。

例えば、会社においては、「会社全体の売上の80%は、20%の社員によって生み出される」というふうに当てはめることができます。

なにもしていない社員は80%存在し、20%の社員が会社の売上の80%を生み出すことができます。

(思い当たる人がいるんではないでしょうか?笑)

それでは、このパレートの法則がエッセンシャル思考にどんな影響を受けるかというと。

80%の仕事は無駄であるという事です。

つまり20%の仕事にエネルギーを集中することで、成果を残す事ができるということです!

もちろん本書では、20%の必要な仕事を”見極める技術”が5つ紹介されています。

  1. 考えるためのスペースをつくる。
  2. 情報の本質をつかみとる。
  3. 内なる子供の声を聴く。
  4. 1時間の睡眠で数時間分の成果を生む。
  5. もっとも厳しい基準で決める。

今回はこの中で「睡眠」について紹介していきたいと思います。

1時間の睡眠が数時間分の成果を生む!

このタイトルを読んで、「1時間の睡眠で成果が出せるの?」と思ったかもしれません。

結論から言うと、エッセンシャル思考の人は睡眠を大事にします。

眠ければ”あと1時間”寝ます。

良い睡眠が成果を出すと知っているからです。

エッセンシャル思考を持たない人は、あと1時間頑張ろうと残業を選びます。

では、なぜ睡眠が大事かというと、答えはシンプルに

最大の資産が自分自身だから

ということです。

資産をないがしろにすると元手が減り、価値を生み出す事ができなくなってしまいます。

自身の資産を守る事が重要になっていきます。

良い睡眠を取ることで質の高いアウトプットを出すことができ、成果につながります。

エッセンシャル思考の人は、睡眠を計画的に取ります。

エッセンシャル思考を持たない人は、睡眠を犠牲にしたり、邪魔なものだと考えます。

睡眠については、以前にまとめましたので、そちらをご覧ください。

睡眠がすべてのエネルギーの源になり、すべての不調の原因になります。

資産を守る上でも、みなさんも睡眠をおろそかにしないようにしてください。

捨てる技術

先程も触れましたが、多くの情報はムダです。

しかし、僕たちはそのムダな情報に頼ってしまう傾向があるそうです。

そこで、エッセンシャル思考の人はムダな思考を捨てる技術を持ち合わせています。

1つは、目標を明確にすることです。

自分が必要としている結果を手に入れるための目標は「完全に明確」にする必要があります。

明確にすることは、仕事の結果に直結します。

目標までに向かうエネルギーを最小にする事ができ、またそれ以外にムダなエネルギーを使わずにすみます。

人は目標が明確でなければ、余計なところにエネルギーを割きがちです。

そうすることで、いかにも”やった感”が出てきます。

ですが、それでは成果に直結させることはできません。

なので、目標は”完全に明確”にすることで、目標に向かってエネルギーを集中させることができるようになります。

また、もう1つ紹介すると「拒否をする」ことです。

皆さんは頼まれごとを”拒否”できますか?

エッセンシャル思考の人は、自分の管理している仕事を常に優先順位をつけてこなしています。

なので、新規の仕事について頼まれた時点で優先順位をつけます。

その中で、他の仕事に支障がでるときは”拒否”することを選びます。

なぜかというと、普通の人は頼まれたら受けなくてはいけないと感じます。

これでは最高のパフォーマンスを発揮することができなくなっていきます。

最高なパフォーマンスを発揮し、最小の努力で成果を出す事がエッセンシャル思考の持ち主です!

ダイスケ的まとめ

僕がこの本を読み、1番重要だと思うことは、「捨てる技術」を身につけることだと思います。

特に”断る”ことについては多くの方ができないのではないでしょうか?

Think clearlyでも書かれていますが、多くの方が「好かれたい病」に感染しています。

この病は強い意志を持たなくては取り払うことができません。

誰にでも好かれたいという気持ちが、やりたくない仕事も引き受けてしまい、結果として大した成果も出すことができなくなります。

エッセンシャル思考を意識することで、不要な仕事を断り、自らが1番パフォーマンスを発揮できるステージに立つことができるようになります。

断ることは大変むずかしいです。

慣れるまでは、多くの罵詈雑言を浴びさせられるかもしれません。

ですが、それに耐え抜いた先に、最小の行動で最高の結果を出す”時間”と”思考”を与えてくれます!

この本では「上手な断り方」についても触れています。

直接的に断るのが嫌な方でもエッセンシャル思考をするには断る必要があります。

なので、その点に置いてもこの1冊で大枠を網羅することができます!

皆さんも、この本を読んで最小の時間で成果を最大にする。をぜひ身につけてください!

それでは、今回はこのへんで!

「これは勉強になりそうだ!」と思った方は、下のリンクから購入をお願いします!

それでは次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました