【驚くほど旨いパスタ】伝え方9割【佐々木圭一】

Book

こんにちは、ダイスケです。

今回は、2013年2月に発刊された、「伝え方が9割」を紹介していきます!

最近、YouTube上で要約されているのを観て、「これ使えそう!」と思い読みました。

筆者の佐々木さんは機会工学を学び、そこから広告代理店に勤務することになります。

日本一漢字の書けなかったコピーライターが、多くの広告賞を受賞するきっかけとそのテクニックが書かれています。

失礼ながら、佐々木さんのような凡人が生み出したテクニックはどんな人でも真似することのできるものになっています。

それでは、いってみましょう!

本の概要

結論から言うと、この本には”伝え方”のレシピが書かれています!

伝え方1つで確率0%を1%以上にする事ができる。

その小さなきっかけが人生を大きく左右する結果を生み出します。

好きな人への告白や就職活動のプレゼンなど。

様々なシーンでの”伝え方”を意識することが重要です。

佐々木さんは、「伝え方には技術がある。心に残る言葉には、それらの技術が使われている」

と言っており、オバマ前大統領の演説や有名な歌詞にも、その技術が使われています。

「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ!

人生を変える”伝え方”には、3つのステップがあります。

というか、3つのステップを意識するだけで良いんです!

その3つのステップとは、

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない。
  2. 相手の頭の中を想像する。
  3. 相手のメリットと一致するお願いを作る。

この3つを意識するだけでOKです!

では、それぞれについて詳しく紹介していきます。

「自分の頭の中をそのままコトバにしない」

自分の求めていること(要求)をそのまま相手に伝える。

これはよくあるシーンですが、この伝え方では相手が断る可能性があります。

例えば、

デートをしたい相手に「デートしてください」と言った場合

相手に好意がなければ、断られる可能性があります。

このように、自分の要求をストレートに伝えることはバクチと同じだと言っています。

なので、要求が頭に浮かんだらストレートに言うのは一旦待ち、次のステップをと入れるようにしましょう!

「相手の頭の中を想像する」

ぐっと、要求をこらえたら、次にやるべきは相手の考えを想像します。

例えば、

先程のデートしたい相手の考えを想像します。


✕(興味ない人とはデートしたくない)

○(新しいものが好き)

○(イタリアンが好き)

このような情報があれば、次のステップで「ノー」を「イエス」に変えるかもしれません。

「相手のメリットと一致するお願いを作る」

相手の思考が想像できたら、最終ステップに進みます!

先程の情報をもとに、相手のメリットと一致するお願いを作ることで「イエス」となる可能性が高まります。

イタリアン、新しいものが好きならば・・・

相手のメリットと一致するお願いならば。


「驚くほど旨いパスタのお店があるんだけど、行かない?」

このコトバで相手は断る理由がなくなります。

よほど嫌われていなければ、今まで「ノー」だった答えが「イエス」に変わります。

このように、3つのステップを踏むことで、自身の要求を実現させることができます!

「イエス」に変える7つの切り口!

先程の3ステップが”伝え方”のレシピになっています。

その中でステップ2の「相手の頭の中を想像する」には7つの切り口が存在します。

この7つの切り口は、先程の3ステップを慣れるまでに使うことができ、状況に応じて選択することができます。

「イエス」に変える7つの切り口

  1. 「相手の好きなこと」
  2. 「嫌いなこと回避」
  3. 「選択の自由」
  4. 「認められたい欲」
  5. 「あなた限定」
  6. 「チームワーク化」
  7. 「感謝」

これらの7つの切り口は、すぐ実践する事ができます!

補足をすると7つの切り口は相手の「ノー」を少しでも「イエス」に変えるためのきっかけです。

今まではきっかけづくりが下手だったから断られてきたことを、7つの切り口を使い「イエス」に変わる可能性を秘めています。

これらのきっかけで多くの方が損をしてきました。

これを読んだみなさんは、そんな思いを回避できる術を身につける事ができます!

ダイスケ的まとめ

この本を一言でまとめると「きっかけ」を与えてくれる本です!

僕も今まで”伝え方”が悪く、断られていたことが多かったです。

ですが、この本を読み少しの工夫で、それらを良い方向へ変えてくれます!

ビジネスマンの方も、上司や取引先でのやり取りでうまく行かなかった経験をお持ちだと思います。

それも、もしかしたら”伝え方”を変えたら、違う結果になったのではないでしょうか?

今回紹介した他に「強いコトバ」を作る技術も紹介されています。

この方法は印象に残るスピーチや歌詞にも使われており、世界中のあちこちに使われています。

それに気づくこと、使うことで僕たちの”伝える力”が養われていき、佐々木さんのように人生自体を大きく変える事ができるかもしれません!

重要なのはまずはレシピの通り実行することを意識して行きましょう!

今回の本は、そんなきっかけづくりに良い本でした。

それでは、今回はこのへんで!

「これは勉強になりそうだ!」と思った方は、下のリンクから購入をお願いします!

それでは次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました